アバクロジャケット

アバクロは1892年にニューヨーク州で創業されたアメリカの伝統あるファッションメーカーですが、現在でもおしゃれなジャケットなどが大人気です。

サイトトップ > アバクロとは

スポンサードリンク

アバクロジャケット

アバクロとは


アバクロの正式名称はアバクロンビー&フィッチ(Abercrombie & Fitch)といいますが、アメリカで100年以上の歴史を持つ人気カジュアルファッションブランドとなっています。


本社はオハイオ州のニューオールバニにあって、日本での通称はアバクロですっかり定着しています。


ここではアバクロンビー&フィッチ以外にもキッズ向けのアバクロンビー(abercrombie)や、ティーンエイジャー向けのホリスター (Hollister Co.)、下着専門のギリーヒックス (Gilly Hicks)などの店舗も展開しています。


アメリカ国外の直営店舗があり、カナダではアバクロンビー&フィッチとアバクロンビーが各5店舗、アバクロンビー3店舗、ホリスター1店舗で、イギリスのロンドンではアバクロンビー&フィッチが2店舗あります。


日本でも、2009年12月に東京都中央区銀座六丁目に直営店をオープンさせて注目されています。アバクロはアメリカでは350店舗以上を展開しているのに、なぜか海外展開にはこれまで消極的で、日本でも2007年に出店する計画が既にあって、100%子会社のANFを設立しましたが、イギリスやカナダへの出店が優先されて、取り止めになったのです。


しかし、これまででも公式サイトから海外通販することが可能になっていて、日本でもネットショップで購入することができました。ただし同じ品を複数注文したり、同アイテムでサイズ違いの品を注文したりすると、業者の並行輸入とみなされて注文を拒否されることがあるようで、そんな点からもこのブランドのこだわりが感じられます。


アバクロジャケット

MENU



スポンサードリンク